猫が大好きだった

2017.08.17.Thu
私の父がいなくなって、7回目の夏

お話好きで、車の運転が上手で、ビールが好きで、唄を歌うのが好きで、将棋が好きで、スポーツ観戦が好きで、

高校野球が好きで、

それから・・・         いっぱいあって、書ききれない。

猫が大好きだった。



昭和一桁の父は、私にはすごく厳しくて

高校時代の門限は 「暗くなるまで」

映画のタイトルじゃ、あるまいしね。



その父の声をきけなくなって、7年たつなんて

早いものです。



私が小さい時、キャットフードという物がなかった頃

お豆腐の入れ物なんかに、猫まんまをいれて

お外の猫ちゃんにあげていました。

多分、ご近所から苦情てきなことが、あったことと思います。

まぁ、小さい小さい私に注意する大人はいませんでしたが

ある時、父が

「お腹をすかしている生き物をみすごせない」 と

つぶやいていたことを思い出します。

現代では、この父の主張は、一部通りませんが ^^;




8月18日は父の命日

猫夏

こちらの家族はお父さんのことを思い出していますよ。


そちらでも、きっと、猫の頭をナデナデしていることでしょう。








それでは、夏の、うちの猫たち

猫夏

セミが近くで鳴くと

目覚ましのアラームよりも大きい音ですね。







猫夏

ちんまりとラッセル、かわいい~^^







猫夏

小刻みに動くラッセル







猫夏

おやびん(ホームズ14歳)と虫追い猫 ^^







猫夏

最近、桃箱がお気に入りの、まーちゃん(まさる7歳)

「岡山県産まさる」







猫夏

シュシュ(すすむ4歳)は、ヒンヤリ敷きマットで爆睡中 ^^







猫夏

テーブルの上でころがる、げんげん(げんき3歳) ^^







猫夏

そこは日差しが暑いよ・・・








当分の間コメント欄を閉じます。
今日も覗きにきてくださり、本当にありがとうございます^^
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
ラッセル
にほんブログ村