段ボール回収はないのですか

2017.08.03.Thu
脳梗塞で入院中の叔母のお話

今年3月、風邪をこじらせて病院に運ばれたのです。

その入院中に2度の脳梗塞をおこして今に至ります。



私の母がお見舞いに行った時は認知等はシッカリとしていたようですが

なんか、話し方が・・・へん?、と、母だけが気づいたようです。

どうやら、その時が一度目の梗塞がおきていたような・・・

そして、すぐに2度目がきたような・・・

風邪で入院した当初は、病院のごはんの味がどうのこうのと

姉妹(どちらも80歳代)で話していたほどに、普通だったらしい

皆、1週間ぐらいで退院するものとばかり思っていましたのよ。

私はこの時点では、お見舞いには行っていません。



結局、叔母はひとりでの生活はムリとなり、医療の施しも必要な病院での生活を送っています。



で、

タイトルの「段ボールの回収はありませんの?」 に、繫がりあるの?

あるんですよね~

叔母の自宅をお掃除して、段ボールの束を捨てようと

お世話になっている叔母のご近所さんに質問しました。

「段ボールの廃品回収日はいつですか?」

「はっ?」

「段ボール捨てたいんですけど」

「この地域はありませんよ」 と

「えーーー?!」

「じゃ、段ボールはどうしているのですか?」

「ちぎって、燃えるゴミの袋に詰めます」

「なるほど!」 

という、お話でした。



市内の住宅地で、こういうところがあるんだ、と

チョット、意外な出来事でしたの。







猫 扇風機

どこにでも出張するセンプーキです ^^







スコティッシュフォールド

水辺で浮いてるこの子達に遭遇して

さて、どの子から一番先に引き上げようかと考えると

まーちゃん(まさる7歳)は最後の救助になるだろうな、と

レンズを通して、思いました。







猫手

あぁー、萌える~ 







桃

とっても美味しいです ^^

未来ママさんさん、ありがとうございます。








(私事)
脳梗塞で入院中の叔母のお世話をしております。
皆様のブログのお部屋でホッコリゆっくりさせて頂きたく
そして、うちの猫達との触れ合いも大事にしたいと思う中
コメントさせて頂くこともままならず、とても心苦しいので
当分の間コメント欄を閉じます。
今日も覗きにきてくださり、本当にありがとうございます^^
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
ラッセル
にほんブログ村