ばかだよ。。。

2016.05.19.Thu

本日は猫ブログではありません。

私がショックをうけたできごとです。

悲しいお話はご勘弁、というお方はこちらで閉じてくださいませ。

桜を見上げながら初めて校門をくぐりぬけた15歳達

長い年月は経ちましたが

何もかもが新鮮でワクワクドキドキしながらの高校の入学式は

今でも鮮明に思い出せます。








高校3年生の時の仲良しグループ8女


その中の一人が自ら命をたちました。


それも、その出来事が3年も前

仲良しグループの誰も、そのことを知らなかった。。。。。。




高校卒業後はそれぞれの道に進み、個々に交流はありましたが

最近やっと自分たちの時間が取れるようになり

8女全て連絡をとるようになってきた中で

彼女だけが連絡をとれませんでした。




結婚して幸せな日々を過ごしていたことは知っていたのですが、

友人によると、4年程前に喪中のハガキが届いたのが最後だったと。

その喪中が彼女の夫であったということを、今回の彼女の訃報と重ねて気づきました。

――気づいた のです。

彼女の夫は突然死。

喪中、とだけしか記されていなかったので、友人も旦那様とは夢にも思わなかったらしい。

それから1年もたたないうちに、彼女はこの世に別れを告げました。





彼女の幼馴染の話によると、

命を絶つ前日に会ったけど何も変わった様子はなく、旦那様の突然死から立ち直ったかな、と

ホッとしたほど普通、

むしろ良好だったようです。




その翌日に旦那様を追って逝った



部屋は綺麗に整理され、冷蔵庫には何もなく、義兄様に全てをお願いした手紙が置いてあったそうです。




旦那様が亡くなってから彼女が逝ってしまうまで

私たちは何もしなかった、できなかった。



何も知らなかった。

ばかだよね、私たち。




遠い日の、

若い彼女の、弾けるような笑顔、

それだけしか思い出せない

7女が泣きました